大阪の日常、自動車、鉄道、その他たくさんのネタをご用意してお待ちしております。
プロフィール

sato♡

Author:sato♡
サイト移転いたしました 新サイト⇒http://actual-size.jp/



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
「幻の五新鉄道」

初めて私がその魅力に魅せられたのは、10代になりたてほやほやの時でした。

それ以来何度か訪れていましたが、2014年9月いっぱいで廃止が決定。
もっと行っておけば良かったという悔しさを紛らわすべく、残された日のなかで通いに通いました。

本日はその模様をお伝えしたいと思います。

まず、五新鉄道とは何か?

県外の方はよく知らないという方も多いと思われます。

五新線とも言われるそれは、かつて奈良県五條市の西日本旅客鉄道(JR西日本)和歌山線の五条駅と、和歌山県新宮市の紀勢本線新宮駅を結ぶ計画だった日本国有鉄道の鉄道未成線。

1937年に五條側より着工。しかし戦争で工事は中断、しばらくそのままに。
1956年に工事が再開。
1959年に五條から城戸までの一部区間の路盤が完成。

しかし、今度は採算上の理由によりレールを引くことなく工事は中断。

地元の方によれば一度は途中までレールを引いたとも聞きましたが、
工事用軌道の可能性もあり、詳細は不明です。

最終的にこの「五條」から「城戸」までの一部区間をバス専用道として利用することで決着。今日までの姿になりました。

▼街中に残る、五條駅から専用道化された区間までの高架橋。
0001_20140930192016110.jpg

その後国鉄バス(西日本JRバス)により運行されてきましたが並行道路の整備などに伴い利用者は減少。
ついに2002年10月1日にJRバスは撤退。その後は地元自治体の委託を受け、奈良交通により運行されてきました。

▼奈良交通により運行される路線バス(左:衣笠バス停、右:専用道生子バス停)
0008.jpg 0002_2014093021234599d.jpg



しかし、その奈良交通による路線バスの運行にも陰りが出ます。

最近の調査によりトンネルの老朽化が発見され、
惜しまれながらも、2014年9月いっぱいで廃止されることが決定されました。

廃止になるにあたって、
8月の末に奈良交通のボンネットバス(BXD30)を使用してバス専用道を走るツアーが開催されました。

▼専用道区間を走るボンネットバス
0001_20140930193105bee.jpg

▼「向霊安寺」バス停付近を走行するボンネットバス
0006_201409302120052ac.jpg


そして一週間ほどの期間を得てツアーはいったん終了。

好評につき9月の末に3日間同じツアーが開催されることが決定。
私はこの中でツアーに参加することを決めました。

9月27日、地元向けに「路線バス専用道さようならイベント」が開催されました。
当日はトンネル内での映画上映や、
専用道に特性プラレール線路を引いて持ち込み車両を走らせる等の催しが行われました。
中でも、当日は城戸から五條までかつて走っていたJRバスが専用道を走るということで、この日も訪れることに。

▼9/27当日イベント会場の「専用道城戸」バス停に現れた奈良交通の特急バスとJRバス
0007_20140930200027132.jpg

実はこの写真を撮った直後にNHKよりインタビューを受けまして、
関西地方の夕方のニュースに出てしまい、なおかつWEB上にも意味不明なコメントが載ってしまったのは内緒です。

▼専用道区間を走るJRバス(霊安寺付近にて)
0003_20140930200405c4b.jpg

何年ぶりのJRバスでしょうか。撮影の合間にも近隣住民の方が懐かしいなぁと見に来られていました。

ちゃんと幕まで用意されていて(当時の本物だという噂も!?)当時を彷彿させます。 今まで各地で撮影してきましたが意外と住民の方もたくさん追っかけられていて、
本当に地元から愛されているんだな、というのが伝わってきました。

▼廃止が近くなり続行運転される定期便
0010.jpg

そして9月28日いよいよ私がツアーに乗車する日がやってきました。
当日は2便を撮影し、3便に乗車することに。

▼「専用道生子」バス停を過ぎてトンネルに入っていくボンネットバス
0003_201409302021052c8.jpg

そしていよいよ3便の時間に。
このツアーでは専用道区間にてお客さんのリクエストした場所で停車し、撮影会を開きながら専用道を往復します。

追っかけているだけでは撮れないようなポイントで撮影ができるのでとても楽しいツアーです。

▼私のリクエストで「専用道大日川」バス停手前の橋の上で停車していただきました
0023.jpg

▼この専用道の象徴でもあるような、「賀名生」バス停にて
0024.jpg

▼「向霊安寺」バス停付近にて
0027.jpg

楽しかったツアーも終わりを迎えました。
奈良交通の名物車掌さんと愉快な運転士さんにより面白おかしくも進んでいくこのツアーは、
私が当初思っていたより何十倍も楽しく、乗ってよかったなと思えました。
同時に、切符がプレミア価格で取引されている!?という理由も、少し解ったような気がしました。
今夏の最後を飾るにふさわしい、最高の思い出になりました。

奈良交通様、どうもありがとうございました。

感動して忘れてはいけないのが「幻の五新鉄道」。
9月29日、30日は仕事のため追っかけできませんでしたが、
最終日の30日には特急バス車と定期便が3台、計4台で連なって走ったみたいですね。見たかったなぁ・・・

49年間、お疲れ様でした。
そして、たくさんの思い出をありがとう。
たくさんの新しい出会いもあって、最高でした。

さようなら!幻の五新鉄道!


0034.jpg
END・・・
スポンサーサイト
2014/09/30 21:32 廃線・旧線 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://actualsize123.blog31.fc2.com/tb.php/114-759781dd
検索フォーム
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。