大阪の日常、自動車、鉄道、その他たくさんのネタをご用意してお待ちしております。
プロフィール

sato♡

Author:sato♡
サイト移転いたしました 新サイト⇒http://actual-size.jp/



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
こんにちは。

昨日は生駒鋼索鉄道線(生駒ケーブル)についての記事を書かせていただきました。
本日はその追記といたしまして、生駒鋼索鉄道線を引退後保存された「コ1形」をご紹介したいと思います。

▼コ1形は1両が生駒市の「生駒山麓公園」に保存されています。
DSC_0030.jpg

中は休憩もできるように解放されており、子供たちの遊び道具にもなっています。
訪問時は日曜日だったこともあり、雨の天気予報も出てましたがたくさんの子供たちが元気に走り回っていました。

▼車内の様子です。
DSC_0010.jpg
解放されていますが、管理がしっかりされた公園なので非常に状態もいいように見えます。手前のところは座席が外され、カーペット敷きになっています。

▼運転台(?)の様子
DSC_0008.jpg
こちらも非常にきれいな状態です。

2000年(平成12年)に引退後、この公園に保存されていますのでかれこれ10年はたったことになりますね。
展示されてすぐのころにも訪問したことがありますが、全体的な状態は今もほとんど変わっていないように見えます。

しかし、調べてみると一時期は錆が浮き塗装がはがれ、荒れていた時もあったみたいですね。今回訪問した時は最近塗り直しが行われたのか塗装も非常にきれいな状態でした。

▼山下側のみの雨どい排水管や、傾斜した前照灯もケーブルカーならでは。
DSC_0026.jpg

▼屋根上ほぼ中央のアンテナ?らしきもの
DSC_0015.jpg
コ1形のパンタグラフは山上側からみて右に寄って取り付けられています。
これは、過去に今の電源供給用パンタグラフの隣にもう一つ、通信用のパンタグラフと架線が使われていたためです。
コ1形の現役時代末期に通信機器の無線化が行われ、通信用のパンタグラフと架線が撤去されました。
このアンテナのようなものも通信機器の無線化に伴って設置されたものだと思っていましたが、古い写真を見てみると無線化前からこの"アンテナのようなもの"はついていたようですね。いったい何なのでしょう。

車両には木製の部品もたくさん使われており、雨ざらしの今の状態ではオリジナルの状態では長く持たないかもしれません。
部品の交換などはは行われるのでしょうか?

平成20年度に近代化産業遺産として認定を受けているそうですので、これからも今のように綺麗な状態で末長く大切に保存されていくといいですね♪
それでは、本日はこれにて!

スポンサードリンク
スポンサーサイト

2013/06/10 22:49 鉄道写真など TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://actualsize123.blog31.fc2.com/tb.php/74-4ccdaf6c
検索フォーム
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。